日本教材学会

The Japanese Association of Teaching and Learning Materials

【「主体的・対話的で深い学び」プロジェクト】

 ☆公開研究会のお知らせ【NEW】

 「主体的・対話的で深い学びをどのように創るか」

 

 日時 平成30年9月20日(木)18時00分~20時00分

 場所 東洋大学白山キャンパス(東京都文京区白山5-28-20)6号館1階第3会議室

<研究発表>

・満嶌夏実 氏 日能研 研究開発本部

テストにおいて主体的で深い学びを実践するための研究

・前嶋 匠 氏 茗渓学園中学校高等学校

「主体的・対話的で深い学び」を志向した主権者教育の一実践

―ディベート「東海第二原発再稼働かどうかについて住民投票すべきか否か」―_

 

 ※入場は無料です(会員、非会員を問わず)

 

 新しい学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」の授業改善が強調されています。21世紀の社会に生きる子どもにとってどのような能力が必要なのか。そのための授業はどのようにあるべきかが根本的な問いになっています。そもそも「深い学び」とは何なのか。「深い学び」に誘うためにはどのような手立てが必要なのか。深い学びに誘う教材とは何なのか。これらの課題を日本教材学会「主体的・対話的で深い学びプロジェクト」では追究していきたいと考えています。

今回は二人の先生に研究発表をしていただきます。皆様のふるってのご参加をお待ちしております。参加は無料です。

 

 ※詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

日本教材学会事務局(担当:澤崎、今多)

e-mail:kyozai-gakkai@nit.or.jp

電 話:03-5946-8717

〒162-0831 東京都新宿区横寺町64-2 エデュイン神楽坂